NEW ENTRIES
CATEGORIES
カウンター
FXレート
人気ブログランキングバナー
人気ブログランキングバナー
世界時計
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED LINKS
 
「ヒマなら・・・」では、忙しい毎日のなかでちょっとだけ生じた「ヒマな時間」を有意義に過ごせるような情報を発掘していきたいと思います。たとえば“占い”“ゲーム”“マンガ/コミック”“芸能関係ニュース”“着メロ/カラオケ・着ボイス”“待ちうけ”などなど。株式や為替など投資関係の情報も発信!
どうぞよろしく!
<< モーサテ為替予想7/31 | main | 安眠枕 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
FXによる資産運用(デモ)報告8月分
しばらくナリを潜めておりましたが、相場に張り付くことなく資産を運用するにはどうするかを考えておりました。

今年に入ってから、ある方法を知ったのですが、それが有効かどうか以前に、あまり興味が持てず、より収益性の高い方法を実践していました。

しかし、「より収益性の高い方法」はすなわちリスクも高く、案の定、やられてしまったというわけです(笑)。

そこでまた、件の方法に注目し、デモ口座を開いて、運用実績を検証してみることにしました。

だいぶオトナになりましたね(笑)。

このデモ口座で、最初は200万円の設定金額だったのですが、これまた最初に別の(本も出している著名な投資家の)方法論で試してみたところ、初日で3万5千円のロスが発生してしまったので、半月ばかり凍結していた、というところからスタートしたことをご承知おきください。(だから「開始バランス」が196万5千円になっております)

で、結果はどうなっているかというと、以下のとおり。

開始バランス: ¥1,965,000
期中グロス損益: ¥130,000
手数料: なし
利息: ¥54,750
期中入出金: ¥0
最終バランス: ¥2,149,750
含み損益計: -¥597,360
残高: ¥1,552,390

読み方は、期間中の売却益が13万円、スワップが5万4千750円の、確定利益として18万4千750円。

仕掛けとしては、5千円値幅のトラップで、期間中に確定したのが26本という計算になります。

ただ、現在も18本ほど塩漬け状態になっているので、含み損が60万円近く発生しています。これに耐えられるレバレッジで資金管理ができれば、あとは待つだけ、ということですね。

ちなみに、現在の含みスワップは6万円ほどになっています。

今月は、クロス円の調子が悪いので、あまりヒットがありませんでしたが、ドル円がけっこうこまめに稼いでくれたという印象があります。

実際の相場の動き方とはちょっと結果が違うというのも、この方法を試してみて感じているところだったりします。

また、来月も経過を見てみたいと思っていますので。


FXの基礎知識を学びたい!
という人はこちらがゼッタイにオススメです。⇒外国為替必修講座

さらに為替の知識を深めたい人はコチラ
   ⇒為替王の徹底! FX投資問答集300問300答

安定した資産運用をしたいなら為替王アカデミー


                         

安心して資産を運用するには、取引相手を選ぶ段階からハズレを引かないことが重要。


FXプライム


1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム


マネーパートナーズ

情報豊富なひまわり証券【マージンFX】

短期トレードなら手数料0円&レバレッジ最大100倍、口座数・預かり資産No.1の外為どっとコム

ワップ派の強い味方! セントラル短資オンライントレード手数料0円の「FXハイパー」も始動!
オンライン口座開設で5000円プレゼント



  NEW!ランキングにご協力を!こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ
                         
JUGEMテーマ:資産運用

| 投資情報(為替) | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:31 | - | - | pookmark |









http://himanara.jugem.jp/trackback/204